人気ブログランキング |

カテゴリ:interior( 4 )

昔から自分んちをあまりオンボロというと家の神様が気を悪くすると
母に言われたものですが今借りている家は古くてオンボロです。(家主さんにごめんなさい)
仕事部屋が欲しいのできれいなところだと汚すと悪いのであえてそうなのだから
いいのですが時々気持ちが折れる時があってあのガラス材料をもって引っ越しする
元気も費用をないし割れるのも困るので気休めにちょっと悪あがきをしてみました。
一番気が萎える原因のくたびれた障子にウィリアムモリスのブレアラビットを
貼付けてみました。ご機嫌良くサイズより少し大きめにカットしてサイズが
柄合わせなしでいけたのですが古い建具は直角が取れていなくて真っすぐ
ではないのをすっかり忘れて狂ったまま隣の壁紙を柄合わせ命で
張り合わせていくもんだから裾のサイズが足りなくなり補修に時間を取りました。
52cm×10mで1本のロールですがバーゲンで2本買ったので
障子で1本、残りで隣の襖と隣の和室の壁面2面なんとか
いけました。賃貸なので剥がせるように配慮しています。
素人の自己満足ですが前よりは良くなりました。少しはモチベーションが挙るかも。
ただ、以前の障子から射す日の明かりが一切入らなくて遮光カーテン状態です。
暖かくなったら開けて寝ないといけませんね。
a0125045_23231661.jpg
a0125045_23233140.jpg
a0125045_23234334.jpg
a0125045_23243524.jpg




by rurishop | 2018-02-18 23:28 | interior
a0125045_1446620.jpg

a0125045_1447529.jpg
昨日craft woman's exibitionのメンバーと懇親会の後
連れて行っていただいてお店。
イギリスでは高級なカーテンは綿入れで手縫いをするそうです。
オーナーの彼女はイギリスで学んでそれをお見事に実践している方でした。
カリキュラムの関係で行ったり来たりされておられるそうです。
そこで確信したのは私がカーテンのショールームでいながら外国の生地を
扱うという事で日本式の形態安定加工にはまりすぎては
小さくまとまってしまうということですね。
自分が最後までそのお客様のめんどうを見る訳では
ないし迷惑をかけるいうむずかしさもありますが。
天然素材の良さも実感します。
いずれお洗濯したら、綿は縮むというリスクがありますが
そこではクリーニングまで面倒を見ておられるとの事。
大使館のカーテンを洗うような東京のクリーニング店に
出しておられるとの事です。
手作りの良さも再確認。
何よりも彼女のお人柄がとても魅力的でした。
大勢で手みやげも持たずに押し掛けていって好きな事を
聞き倒してもお茶まで快く入れていただいて。
白髪もいっさい染めずにそれでも背が高く美しいお顔立ちが
お人柄もあって際立っています。
ショール−ムのセンスのとてもよく、オブジェや額の飾り方が
パリのお店にいるようでした。
仕事に忙殺されて散らかりっぱなしの我が家に戻ってからは
一気に現実にひきもどされましたが。
私ももっとセンスを磨くべく、又1から修行の日々ですね。
洋子さん、貴重な経験をありがとうございました。
by rurishop | 2016-12-25 14:48 | interior
和室のランプシェードに紙製の提灯を吊っていたのですが
紙が破れて ボロボロ。これもやりかえようと思って洋室のランプを
和室に移して洋室用ランプを作るのですが
我が家は色が多いので以前個展で作った鏡のガラスを使って(廊下に吊っています。)
甘いデザインで色を渋く作ってみました。
少しクラーい。(^^:)黒が入っているから当然ちゃそうなんですが。
それに加えて窓際ですがハンターダグラスという私のとても好きな
シェードがメインの会社ですがP株のYさんが家でゴロゴロしているものがあって、
邪魔だというのでそんならくださーい♩♪♫♬ととてもウキウキサイズを確認してOKなので
窓際につけたのはいいのですが10cm足りません。(採寸ちがいではございません)
なんでやねーんと少し悲しくなりましたが世の中そんな甘くないのです。
だからいつも半開き。♪♪♪Yさんありがとう。(^0^)
a0125045_1033693.jpg

by rurishop | 2015-02-26 10:08 | interior
マンションに改修工事が入り、ベランダ側の窓を光が入りやすい開放的な
感じでカーテンをつけずにまるみえで忍んできましたがやむなくシェードを
つけました。その隣に作業場があり、これはお気に入りのもらいものをつけていたのですが
さすがに柄があわないのでついでにやりかえです。
同じ空間では同じ柄をすすめていますが私はチェックばかりじゃ飽きるので
無地をつけてみました。
廃番とはいえ、いい生地です。コーディネートは別として
無地でもこんなにいいものなんだと実感させる力のある素材でした。
そういう感動を人に与えれるモノをつくりたいですね。
a0125045_9491074.jpg

by rurishop | 2015-02-26 09:49 | interior